2010年5月18日火曜日

築基参証

先年、台北にて、稀世の名著として知られる「築基参証」の著者
許進忠老師にお会することが出来ました。
自宅にお伺いしたところ、外出されたと奥様に言われ
その夜7時に中華仙学協会にて面会することになりました。
当日は7時半から研修会が予定されているとの事でしたので
とりあえず今回は御挨拶だけのつもりで30分前に伺いましたが
結局1時間半にわたり御指導を受けることができました。
お弟子さん達を1時間も待たせる事になり、とても心苦しかったですが
最高の仙人の一人といわれる許老師の特別な御好意に感激した次第。
かれこれ27年間憧れ続けていた先生に会えただけで充分だったのに
色々な質問に懇切丁寧にお答え戴き、本当に感激しました。
その上、10冊以上もの貴重な資料を戴き
次回からは遠慮なく自宅へとおっしゃって頂きました。
許進忠老師については我が国でも多くの文献で紹介されています。
いい加減な自称仙人の多い中で数少ない本物として知られていますが
実際にお会いすると、大変存在感のある方でありながら
腰の低いとても親切なお人柄でした。