2010年5月8日土曜日

キリストの棺

1980年にエルサレムで見つかった凡そ2000年前の墓に
イエス、マリアそしてユダたちが埋葬されていた、
というまさに耳を疑うような強烈な内容です。
(これはノンフィクションです!)

イエス、ヨセフ、マリアなどの名前が
当時のエルサレムで
至極ありきたりの名前だったというのも初耳でした。
でも、それぞれが珍しくない名前であったとしても
これらが同時にひとつの墓所に埋葬される確率となりますと
1億9000万分の一という限りなくゼロに近いものになります。
この時代エルサレムの男子の人口は
8万人足らずだったそうですから
ほとんど「決まり!」と言ってよいかもしれません。

イエスの生涯については、さまざまな説がありますが
もしもこの柩が科学的調査により、真贋問題をクリアしたならば
間違いなく、それらの論争に終止符を打つことでしょう。
復活についても、かなりシリアスな問題提起となるはずです。