2010年5月11日火曜日

自得ということ

『君子入るとして自得せざるなし』
「君子無入而不自得焉」~「中庸」より

『自得ということは自ら得る、自分で自分をつかむということだ。
人間は自得から出発しなければならない。
金が欲しいとか、地位が欲しいとか、
そういうのはおよそ枝葉末節だ。
根本的・本質的にいえば、人間はまず自己を得なければいけない。
本当の自分というものをつかまなければならない。
ところが人間いろんなものを失うが、
何が一番失いやすいかというと自己である。
人は根本において自分をつかんでいない。
空虚である。
そこからあらゆる間違いが起こる。
人間はまず根本的に自ら自己を徹見する、把握する。
これがあらゆる哲学、宗教、道徳の根本問題である。』
「知命と立命」安岡正篤著 プレジデント社

「中庸」は、儒家の四書のひとつです。
そもそも四書には、皆さんよくご存知の「論語」をはじめ
「大学」「中庸」「孟子」がありますが
この「中庸」はもともと「礼記」の一篇として伝わったもので
司馬遷の史記によれば、孔子の孫の作と言われています。

全6段で量的にはさほどではないのですが
よく読み込みますと、かなり難易度の高い文献です。
第一段の冒頭の節からして格調高い文章ですが
全段を通して、毅然とした志を感じる一冊です。
「論語」の後に「大学」と併せて読まれることをお奨めします。