2010年5月11日火曜日

論語の読み方-1

『朝に道を聞かば夕べに死すとも可なり』
論語にでてくる有名な言葉です。

この「朝」は通常「あした」と読み下しますが
なぜ「あさ」と読まないのか、昔随分考えてしまいました。
一般的な辞書では(三省堂・大辞林)
「人としての道を悟ることができれば、すぐに死んでも悔いはない」
ということらしいのですが、
例によって、素直な性格でない私は
歴史を紐解きながら、いろいろ調べてみました。

確かに現在出版されている解説書を4~5冊開けましても
表現は別にして、ほぼ同じ解釈をしています。
ですが中国に於いては必ずしもそうではないのです。

先年ヨーガスートラの講義の際も申し上げましたが
たとえ有名な先生の解釈であったとしても
それを盲信しないのが私の昔からのスタンスです。
・                 
探源、つまり源を探りませんと、本当のところは見えてきません。
  ・
そこでこの論語の一文についても
孔子の母国である中国でどのように解釈されていたのか
時系列的に調べてみました。

もとより中国に於いて、論語の注釈に
大別して古注と新注があるのは知る人ぞ知るところですが、
実際には、魏、梁、宋、南宋、清と注釈にも時代的な変遷がみられます。

日本の注釈者も、たとえば
清末の「論語正義」をメインに採用する等々
個人の好みや思想に従ってどの考え方を採用するかは人それぞれです。
しかしながら、この「朝聞道、夕死可矣」は
古注と新注で、全く異なる解釈になっています。
前述の大辞林的な解釈は新注(南宋の朱熹)によるもので
比較的新しいものなのです。
ところがそれ以前、つまり魏の何晏によれば
全く別の注釈になります。
この何晏の注釈は、現在全存する最古のものであり、
中国では唐代まで、日本でも奈良時代に持ち込まれてから鎌倉末期まで、
論語解釈の基本でした。

同じ文章がここまで別の解釈になるのか!と驚くほどですが
私としては、魏の何晏に軍配を上げたいと思います。

この言葉を孔子はいつ、どういう状況で、どのような気持で語ったのか?
それが私の判断の根拠だからです。

魏の何晏の解釈ならば
「朝」を「あした」と読んでも全く違和感がありません。
そして、この「朝」がいつの朝なのか?
きっと、そこまで深く想いを馳せることになります。

この短い言葉に孔子が如何なる思いを込めたのか
彼の心情を察することなく、その真意を知ることは出来ないでしょう。