2010年7月29日木曜日

心の修養

『世の中にはさまざまな職業の人がいるが
大事なのは各人それぞれが正業に就き
自分の心身をみがいて仕事に最高の努力をしてゆくことだ。
一人ひとりの心の修養こそ大事である。』
「安岡正篤一日一言」致知出版社

私の国学の師も
「正業に就き、社会につくす事」が大事なのだと
常日頃仰っていました。
そのため、私も月~金曜は普通に働きそして、
土日だけヨーガ指導やボランティアを行なっています。
もちろんヨーガ指導を職業にしても、
それはそれで立派な正業だと思いますが
私個人としては、
生活の糧を得るという意味での「本業」ではなく
あくまでも趣味の延長線としてヨーガを考えています。

「人不知而不慍。不亦君子乎。」 (論語、学而第一)
「人知らずして慍(うら)みず。亦君子ならずや。」

自分を磨くのは、他人に評価される為ではないはずです。
ですから常にマイペースで、淡々と
自ら選んだ道に精進することが大切なのだと思います。
釈迦も「犀の角のようにただ独り歩め」と言っています。
他人にどう思われようとも、自らのアイデンティティを失わずに
自然なるままに生きてゆきたいものです。