2010年8月18日水曜日

自由


『自由は断じて相対的なものではない。
それはあるかないかのいずれかである。
自由がなければ、人は
葛藤、苦痛や悲嘆を伴う狭く限られた生を受容し、
あちらこちらでわずかばかりの変化をもたらすにとどまるであろう。』
「クリシュナムルティの瞑想録」平河出版

自由への飛翔。
クリシュナムルティは、自由の素晴らしさを説きます。
私達は多くの束縛の只中にいますが、
どんなに逃避を繰り返しても
自分からは逃げることはできません。
自らがもたらす束縛は、
最期の障壁であり、克服すべき課題なのです。

真我独存は、ヨーガスートラのゴールだといえますが
それは無為の内に出現する純粋観照者が
自らを観照することによってのみ確認することができるものです。

ウパニシャッドの世界に踏み込み、真の自由を得る為にも
ヨーガスートラの説くサマディを一日も早く体得し
逍遥遊の内に、真我独存を実現されてください。