2010年9月17日金曜日

愛の流れに身を置く

「全き沈黙のうちにある精神の行なう瞑想こそは、
人間が求めてきた祝福である。
この沈黙の中に、およそ沈黙の持つすべての性質が含まれている。」
『クリシュナムルティの瞑想録』

瞑想のベースは、言葉と思考の沈黙です。
ですからマントラをチャンティングしたりするのは
顕教ヨーガ系本来の瞑想ではありません。

ジニャーナ・ヨーガやレベル2に参加された多くの方から
「何もしない無為の瞑想の方がはるかにパワフルだった」とよく言われます。

佐保田鶴治博士も著書の中で
「顕教ヨーガは神秘主義型」だと書かれていますが
確かにその通りだと実感できます。

「瞑想のさなかにある精神は
沈黙のすべての変化と多様性と運動を包容している。
(中略)瞑想のさなかの精神は、このような沈黙の中を漂い
ただ愛の流れに身を置くだけである。
このような沈黙の中に祝福と朗らかな笑いが生まれる。」
『クリシュナムルティの瞑想録』

瞑想とは「沈黙」つまり「想いを閉ざす」ことを意味します。
私達は、その沈黙を通してその先に
想像もできない世界を見出すことが出来ます。
サマディを語らないヨーガは果たして本来のヨーガだといえるでしょうか。
その答えは、瞑想の中で自ら得て、確認すべきだと思います。

「信仰というものは真理の否定であり、真理を妨げるものです
神を信じることは神を発見することではありません」
『自我の終焉』クリシュナムルティ 篠崎書林刊