2010年9月18日土曜日

鑑機三昧

ウパニシャッドには
「傍らに座る」と「同一化する」というふたつの意味があります。
学者の方々は、どちらか一つを選びたいようですが
実践する側から見ますと、ややピントがずれているように感じます。

「傍らに座る」とは、言うまでもなくグルの側に座るわけですが
ただ坐るだけでは、あまり意味がありません。

ウパニシャッドの伝承は、知識と体験の両方によってなされますが
知識はともかく、体験の方は沈黙の内に伝えられます。
この時ただぼんやりと傍らに座っているだけでは何も起こらないわけで
そこにはどうしても「同一化」が必要になります。

もちろん、どんなに同一化しようとしても
そこにグルがいなければ、同一化する対象がないわけですから
それも話になりません。

従って、どちらか一つを選ぶというのではなく
「傍らに座る」と「同一化する」というふたつの要件が
同時に満たされなければならないわけです。
これは禅の世界でも同様です。

参禅とは、老師の傍らに座り、同一化することなのです。
正法眼蔵を読むと、この辺りの原理が細かく書かれています。
では、何と同一化するのか?というと
それはグルや老師がまとったサマディの雰囲気に他なりません。
本来、弟子への伝承は一対一が原則です。
弟子と対峙した時、まずグル&老師は鑑機三昧に入ります。
鑑機三昧とは、禅定つまりサマディの一つです。

仏教の辞典によれば、鑑機三昧について
「仏が説法するに際し、
あらかじめ相手の機根、能力を観察する為に入る禅定」
という解釈がなされています。

禅定に入らなければわからない「機根、能力」とは何なのでしょうか?

それはヨガでも古神道でも同じですが
真我の状態とその働きの特質に他なりません。

真我は、言うまでもなく、無形ですので、当然肉眼では見えません。
自分の真我を観ることは、
アートマンの「顧る働き」によって可能になりますが
これでは他人の真我を観ることはできません。
そこで「鑑機三昧」が必要になります。

サマディについて体験のない方々は
言葉遊びのようにあれこれと適当なことを言っていますが
サマディは、その質(働き等)の違いによって180種類以上あります。

鑑機三昧において、グル&老師は
無形対無形の観照を可能にする働きを持ったサマディの質をまといます。
それによって相手の真我の状態を正確に見極めなければ
適切な指導などできません。

そしてその働きを一部残した上で
相手の方に必要なシャクティパッドなり、新たな禅定を行ないます。
その場合の技術的な使い分けですが
積極的な場合は前者になりますし、
同一化の原理を活用する時は後者になります。

いずれにしても、顕教ヨーガや禅においては
鑑機三昧なくして適切な指導などできないということです。