2010年10月15日金曜日

求聞持法とキルタンクリヤ-6

空海の虚空蔵求聞持法について、5回にわたって考察してきましたが
ヨーガではどのような方法で脳力開発に取り組むのか?
今回はそれについて説明したいと思います。
ヨギ・バジアン師から習った高度なメソッドの中に
「キルタンクリヤ」というのがあります。
これは師が
最も重要なクリヤ&メディテーションのひとつに挙げているものです。
最初は基本形で練習しますが、その後は、
目的に応じてたくさんのヴァリエーションの中から幾つかを選択します。
動的なムドラー(印契)、複雑な脳内の内観、単音のマントラ操作により
脳に対して極めて精密な働きかけを行ないます。
これまで他流派の瞑想法(密教ヨーガ系)をいろいろ見てきましたが
このキルタンクリヤに匹敵するレベルのものは殆ど眼にしませんでした。
それほど高度かつ有効なメソッドだと言えます。
このメソッドの効果は、いくつも挙げられますが、たとえば
1.潜在意識のキズを修復する
2.脳の耐久性(集中などのストレスに対する耐性)を高める
3.脳内の情報伝達速度を向上させる(頭の回転が速くなる)
4.マルチタスク能力が向上する
5.脳と肉体のリンケージがバージョンアップする etc
また、チャクラ理論に沿って言うと、
基本形の場合、アジュナーと、サハスラーラの各チャクラということになりますが
応用系では、他のチャクラに対しても強い作用がありますし
また、クンダリーニのエネルギーを
より強く働かせるためにも大変役立つ技法なのです。
私には、虚空蔵求聞持法の経験はありませんが、空海の言う
「谷響きを惜しまず、明星来影す」と
「明星口に入り、虚空蔵光明照らし来つて」の双方に共通する部分、
つまり特殊な振動と明星を味わうことができました。
もちろん完全に一緒のものかどうかはわかりませんが
私的には、かなり近いものではなかったかと推察しています。