2010年10月6日水曜日

真我を観る!-2

道元は名著「正法眼蔵 弁道話」で次のように説いています。
「参見知識のはじめより、さらに焼香禮拜念仏修懺看経もちゐず、
ただし打坐して身心脱落することをえよ。」
祗管打座つまり坐禅こそが正伝の仏法であり、
読経も礼拝も全て用いない、と宣言しています。
そしてただ声をあげてお経を読んでいるのは、
春の田んぼのカエルが昼夜暇なく鳴いているのと同じで 「益なし」
と断じています。
実に確信に満ちた見解です。
私の尊敬するクリシュナムルティも、
「クリシュナムルティの瞑想録」(平河出版)において、
「瞑想は言葉を反復することでも、
まぼろしを目のあたりにすることでも、
あるいは沈黙を養うことでもない。
数珠や経文は、精神の雑音を静めはしても、
結局のところ一種の自己催眠にすぎず、
催眠薬を口にするようなものである。」
と明言しています。
(「数珠」とは、数珠を括りながらマントラを繰り返し唱えることの意)
マントラや観想などのデコレーションが多ければ多いほど、
本来のサマディから離れてゆきます。
彼は同著でさらに、
「言葉や祈願を復唱するのは自己催眠的な行為であり、
自己閉鎖的で破壊的なものである。」と述べています。
30年位前、チベット密教の奥義書「マハムドラーの詩」を読んだ時、
正法眼蔵と同じことが書かれていてとても驚きました。
「ミラレパ」(おおえまさのり訳)に掲載されていますが、
「マントラ(真言)やパーラミーター(至彼岸の菩薩行)の行、
スートラ(経典)や訓戒の示すところ、宗門や経典の教え 
そは自性の真理の実現をもたらすことなし」。
私も観想を多用する真言密教の出身なので実感していますが、
入我我入観などでいくら仏と一体になったと思い込んでも、
クリシュナムルティの言う自己催眠のような気がしてなりませんでした。
「天台小止観」や「摩訶止観」、
そしてツォンカパの「菩提道次第論」を見ても、
止観が必須だと説かれています。
この止観とは、まさにヨーガスートラのカリキュラムそのものです。
つまり止とは、「心の作用の止滅」であり、
観とは「純粋観照」に他なりません。
禅でも全く同じスタンスを採用しています。
ツォンカパも「先に止住を達成してから、
それに依って勝観を修習する」と書いています。
ですから、止観は順序が決められており、
「止(シャマタ)なくして、観(ヴィバシャナ)はない」ということなのです。
全ての経典の中で釈迦の言葉が最も多いとされる
最古層の原始仏典「スッタニパータ」の最終章では、
「信仰を捨てなければ彼岸(サマディ)に至ることはできない」
と説かれています。
佐保田鶴治博士の「ヨーガの宗教理念」には、
あるヨーギがどうしても信仰を捨てきれず、
見かねたグルがガラスの破片を彼の眉間に突き刺して、
信仰心を切り離そうとした逸話も出てきます。
(彼はその後ようやくサマディに入ることができました。)

要するに、観想や信仰等、余分なものがなくならないと、
本来のサマディに入ることはできないということです。
私が真言密教を離れたのは、この辺りの原理を知ったからですが、
護摩行をはじめとする修法や、生きるか死ぬかギリギリの荒行体験は
ムダではなかったと考えています。
自分で命懸けの修行もせず、
師の言葉を適当につなげて知ったかぶりをするのは簡単ですが、
修行とは、先師の悟り体験を
自らの悟りを以って検証する作業でもあるのです。
それが本来の「瀉瓶(奥義を師から弟子にもれなく伝えること)」なのです。
ハワイへ行った事もない人間が、
ガイドブックだけ、或は行った人(師)の言葉だけを頼りに、
さも自分が行ったかのように語るのは、間違っていると思います。
できないことを、できたように言わないことです。
「知るを知ると為し、知らずを知らずと為す。是知るなり」(「論語」為政篇)
ところで、サマディには180以上の階梯がありますが、
これらは目的別のエネルギーに満ちています。
自分の真我は、心の作用の止滅後に
アートマンそれ自体の「顧る働き」によって観照できますが、
他人の真我は、「鑑機三昧」というサマディに入らないと観照できません。
いずれにしましても、前述したように、「観」は「止」を達成してからの話です。
蛇足ですが、スワミ・ヨーゲシヴァラナンダ師の「魂の科学」によれば、
クンダリーニ(生気系)覚醒後、「暗性優位の三昧」に入るとの事です。
ヨーガスートラやウパニシャッドのサマディとはかなり趣が異なりますが、
私は、密教ヨーガは別の観点から役立つと考えています。
それは2系に跨る「五気の制御」です。
(注・・密教の真言陀羅尼/マントラには、宗教的&現世利益的な働きがあります)