2010年11月6日土曜日

クリシュナムルティ


明日の講座は、いつものように
クリシュナムルティの本を読んであれこれとコメントするのではなく
幾つかのテーマを集中的に考察したいと思います。
もしお持ちでしたら
「英和対訳 変化への挑戦、クリシュナムルティの生涯と教え」を
お持ちになられてください。
中の数ページを資料として用意しますので
お持ちでない方は結構ですが、DVDもついていますので
興味のある方は、この機会に求められるのもいいかと思います。
「50年間、世界を旅しつつ、彼は教え、講話を行ってきた。
なのになぜ一人も変容を遂げなかったのだろう?
彼はこの問題、というよりはむしろ事態に深く関心を寄せました。」
同書P87
今回は、その理由をまず最初に考察したいと思います。