2010年12月13日月曜日

運と縁

運がなければ、グルには会えません。
運があっても、縁がなければ、指導は受けられません。
あとは、正機と機根、そして霊統が必要になります。
正機とは、仏教語ですが、辞書によると
「仏の教化、救済を受ける条件を適切に備えていること」
機根とは、同じく
「仏の教えを聞いて、悟りを開くための基盤となる
衆生の宗教的性質、能力のこと」
つまり、ようやくのことでグルに出会っても
縁がなければ、傍らに座ることはできませんし
仮にその機会を得ても、正機がなければ同一化はできません。
そして、もし同一化できても、機根がなければ
その体験を自分のものにすることはできないでしょう。
さらに、霊統ですが
これは如何ともし難いものがあります。
私見ですが、この霊統は
受動態よりも能動態の時に問題になるものと考えます。