2011年1月20日木曜日

ご祝儀

 
クウェート全国民に祝儀30万円
(共同通信) 1月19日 (カイロ共同)
 
クウェートの英字紙クウェート・タイムズによると、
同国のサバハ首長は19日までに、建国50周年などを祝い、
国民全員に1人当たり現金1千クウェート・ディナール(約30万円)の支給と、
1年2カ月間の食料無料配給を政府に命じた。
国民議会の承認を経て正式決定する。
クウェートは世界4位の原油埋蔵量。
 
 
本当に羨ましい話ですね。
日本では、毎日、朝から夜まで
大型増税の話しか聞こえてきませんが。
 
日本は世界第4位のエネルギー消費国ですが
エネルギー輸入依存度が約8割というほど、他国に頼り切っています。
ですのでクウェートのようなことには永遠にならないように思われますが
実はこんな話もあります。
 
燃える氷ともいわれるメタンハイドレートという資源が
日本近海に膨大に埋蔵されているのです。
 
すでに採掘技術も、いくつかの点を除き、ほぼ確立しています。
あとはコストパフォーマンスなどが課題ですが
これらは然るべき研究費を投入すれば
そう遠くない日に解決するでしょう。
 
国内消費される天然ガスの約96年分という埋蔵量なので
うまく利用できれば、消費税を大増税しなくとも済むかもしれません。
要は、国が本気になって研究予算を組むかどうかです。