2011年3月7日月曜日

極み

 
人間として生まれてきて
普通に生きて普通に死んでゆくのも結構なことだと思いますが
幸いにして、私は師を通して、
人間の到達できる「極み」を垣間見ることができましたので、
それに少しでも近づこうと、
これまで36年間、チャレンジしてきました。
 
でも、あまりにレベルが違いすぎて
しばしば希望を見失いそうになるのですが
そんな時はいつも、
師に書いて頂いた書を目の前に置きます。
 
「難しとてゆめ緩みなく勤めなば
ついに至らむ 道の奥がに」
 
いつの日か、
息絶える直前でもいいから
否、一瞬でもいいから、
師の足元にワンタッチできれば、と願っています。
(たぶん無理だとは思いますが、、、)