2011年4月28日木曜日

東電HP 情報隠し

 
『とくにア然とさせられるのが、
HP上で公開されている膨大な数の資料だ。
1~4号機の空撮映像や内部画像のほか、
防護服を着た作業員が免震重要棟の入り口に立つ様子、
津波でガレキの山と化した敷地内の生々しい光景など、
その数は100点を超える。
 
ところが、これらの重要映像は、つい最近まで
国内向け日本語サイトでは一切公開されていなかった。
なぜか海外向けの英語版サイトにだけアップされていたからである。
 
東電は事故から40日たった今月19日になって
ようやく日本語版HPでも公開を始めたが、おかしな話だ。
東電広報部は
「日本に来られない海外メディアに向けて発表していた。
いろいろな方からの指摘を受け、日本語版サイトでも
19日から掲載するようにした」
というが、隠蔽の意図が疑われても仕方ない。 』
http://news.livedoor.com/article/detail/5512639/

 
何とも言葉が見つかりません。。。

 
海外の報道が悲観的で、国内がやや楽観的だったのは
この辺りにも原因があるかも。
ちなみにレベル7に引き上げられたのは12日のことでした。