2011年5月28日土曜日

原発の立地

 
浜岡原発は停止しましたが、
核燃料がそこにある限り危険な状態であることは
福島の現況を見ればわかります。
 
日本は世界でも特出した地震国ですが
まさに中央構造線とフォッサマグナのライン上に
なんと16基が建設され、さらに2基がその途上にあります。
 
東京電力柏崎原発・・柏崎千葉構造線断層帯・・7基
東海第二原発・・中央構造線断層帯・・1基
中部電力浜岡原発・・糸魚川静岡構造線断層帯・・3基
四国電力伊方原発・・中央構造線断層帯・・3基
九州電力川内原発・・中央構造線断層帯・・2基
中国電力上関原発(建設中)・・中央構造線断層帯・・2基
 
今回の福島第一・第二も、東海第二から近く、
中央構造線の延長線上にありますので
それも含めますとさらに10基が加算されます。
 
つまり28基、全国56基(2基は建設中)の丁度半数が
極めて危険な立地にあるわけです。
 
選りによって何故わざわざ高リスクな場所ばかり選んだのか
意図的にそうしたとは思いたくありませんが、、、。

*中央構造線・・日本最大級の断層系
*フォッサマグナ・・日本の主要な地溝帯